Miles Davis, On The Corner

ジミヘンのBand of Gypsys、Live At Fillmore Eastが最近のヘビー・ローティションで、このため70年頃の音楽を聞き直していて、この時代の先端的な音楽はMiles Davisと思い、Bitches Brewを聞き直したのだけど、このBitches Brewは相変わらずなんとくピンと…

Curtis Mayfield, Live

Curtis Mayfieldを知ったのは、このライブアルバムだったので、Donny Hathawayと同じくニューソウルの人と誤解していました。 このライブアルバムは、なんと言ってもリズム隊が凄い。一曲目のコンゴとトンバで、ラテン系のミュージシャンと勘違いしていまし…

Donny Hathaway, Live

1970年頃のニューソウルのライブでベストを一枚だけ選ぶとすると、このDonny Hathawayのライブになるのかな。 一曲目がWhat's Going Onなので、マービン・ゲイと混同していた時期もあったけど。

中村文則、教団X

3連休も最初の土曜日に、友達のライブに行くらいで、暑い中、家で閉じ籠ろうと思い。面白そうな文庫本と思い購入。 若い頃なら夢中で読めたと思うけど、なんとなくシラけてしまったのは、コングロマリット、大企業、政府が巨悪という設定かな。 色々な現代の…

Marvin Gaye, Live

もう少し考えてみると、クロスオーバー、フージョンでよく聞ける、 E Major、C Minor 7の繰り返しのパターンって、このあたりかた出てきたのだよな。 途中で転調が入っているし。

Marvin Gaye, Let's Get It On

なぜかApple Musicでは、このアルバムの一曲目が聴けない。 僕がニュー・ソウルを聴き始めたのは、70年代後半にクロスオーバーを聴いていて、ギタリストの名盤、名演奏で70年初頭のニュー・ソウルを聴き始めたのだけど、ギター以外の部分でも好きなスタイル。

Marvin Gaye, What's Going On

70年初頭のニュー・ソウルが好きで、これらも昔からの愛聴盤。 60年代から活動しているミュージシャンで、60年代の方がヒット曲が多いのですが、これらの70年に作成されたアルバムの方が好きなのは、都会的なせいか、シングルよりアルバムで聴くことに慣れて…

Jimi Hendrix、Band Of Gypsys

最近、ジミヘンばっかり聴いている。 ジミヘンは1967年にアメリカからイギリスに渡り、サイケデリックブームの中でヒットして、アメリカの1968年のモンタレーポップフェスティバルで凱旋。この後のウインターランドでのライブが色々と発売されていて、ここま…

ガニメデの優しい巨人

ガニメデの優しい巨人を読了。

星を継ぐもの

星を継ぐもの この本は30年以上前、僕がドイツに駐在していた時に長距離恋愛をしていた彼女から送られてきた文庫本の一冊。 何回が読もうとしたが読む気になれないまま今回のGWで読む。 貰った時からボロボロになっていた文庫本であるが、奥付を観て第三版の…

CREAM ES-335

2年前に購入した1984年製のES-335のネック調整をしてもらった事と、YouTubeでCreamのFarewell Concertで、クラプトンがES-335を弾いいていたので、クリームを引っ張り出して聞いている。 そういえばES-335のネック調整で、自分でトラスロッドの調整をしよう…

Jimi Hendrix, Electric Ladyland

Apple Musicで、色々、昔のロックを聴いていて、ついにジミヘンまで来てしまった。 Electric Ladylandは、中学生時代に友人が昔の裸の女性のジャケットのLPを持っていて、カセットでダビングしてもらって聴いたのだけど、実験的な録音が好きになれず、今まで…

Trafic

Dave Masonが参加していたTraficの作品三枚を大人買いでは無く、大人聴き。 Apple Musicなので何枚聴いて、ダウンロードしても同じ料金なのだけど。 Mr. Fantasy - 1967 Traffic - 1968 John Barleycorn Must Die - 1970 僕が好きな60年代のロックの流れを…

Spencer Davis Group

Apple Musicで、Dave MasonからTraficを聞いて、The Spencer Davis Groupまで遡ってしまいました。 名前だけ知っていて聴いたことの無いバンドだったのですが、もちろん良いです。 Spencer Davisがリーダーでバンド名になっているのですが、実際はSteve Winw…

Dave Mason

ここ2年くらいブルースばっかり聴いていたのですが、クラプトンの70年代のライブから、クリーム解散以降のアルバムを聴き始めていました。 昨日、下北沢の古本屋でレコード・コレクターズで、スワンプ・ミュージックの特集があったので購入しました。 ブル…

ポール・オースター トゥルー・ストーリーズ

新潮文庫版のトゥルー・ストーリーズを読む。このエッセイ集は日本だけでの編集だそうである。映画スモークを見た後、このスモークの文庫本が新潮文庫より発売されていた記憶があったのだけど、この本は既に廃番になっていました。 ポール・オースターについ…

Paul Auster, Smoke

Paul AusterのSmokeがHuluに入っていたので、鑑賞。 登場人物がやたらにタバコを吸うので、これは映画館で見に行けない作品。 最近、映画館に行くと、タバコを吸う場所を探すのに苦労するので、映画館に行っていない。 映画の内容としては初期三部作の後、ナ…

Paul Auster, Oracle Night

新潮文庫より文庫版で発売されていたので購入。 新潮文庫よりの前作の「幻影の書」を読んだ時に、既に、このオラクル・ナイトも単行本で出版されていたので購入しようと思いながら、購入を忘れていた。 柴田元幸氏の書いた文庫版の帯には、「前作の幻影の書…

Yamaha MB-3

GWに予定も無かったので、以前から買おうと思っていたエレキ・ベースを購入。 最初は入門者用の15,000円くらいのジャズ・べをネットで購入を予定していたのですが、近くのハード・オフでYamahaのMB-3を見つけ、メンテナンス済み(調整済み弦交換済み)で7,98…

Allman Brothers Band

GW中、暇なので Apple MusicのAllman Brothers Bandを聴いています。さすがに音源が多く、GWにふさわしい探検でした。 At Fillmore EastとEat A Peachは、中学生か高校生の時に友人にダビングをしてもらったテープを持っていたのですが、他のアルバムを通し…

Santana IV

サンタナの新しいアルバムが発売されたと言うのでApple Musicで聴いてみました。 Santanaの初期のメンバーで45年ぶりに録音されたそうです。 だから、Santana IIIの後のSantana IVと言うタイトル。 サンタナも昔からラジオで良く聞いていたのですが、自分で…

Ingress Mission 

コンプリートしたと思ったら(T_T)

Ingress Mission Big Bang

同じようなデザインのメダルをそろえる為、六本木のBig BangをPlay。 Amazon.co.jp ウィジェット

Ingress Mission 都庁へGO!

23番目のミッションで、GPSのブレで建物の周りを何周もして、一度ギブアップ。 30分ぐらい休憩して、これでダメなら、今日は諦めて帰ろうと思いましたが、再度アプリを立ち上げたら、なんとかハック出来ました。

Ingress 阿佐ヶ谷 Milky Way

天気が良かったので外出して、Unique Portal稼ぎに阿佐ヶ谷のMilky Way 24 Missionを攻略。 阿佐ヶ谷も30年ぶりに行ったと思います。 途中で南阿佐ケ谷の駅まで行って、学生時代の下宿の最寄駅だった事も思い出す。普段は荻窪駅を使用していたのですが、地…

iOS 9.3 Ingress

iOS 9.3にアップデートしたら、Ingressが正常に動作しませんでした。 アップデート後、最初にIngressを立ち上げた時に『バックグラウンドでも位置情報サービスを利用しますか?』と表示された時に、『いいえ』を選択したので、位置情報の設定を変更しようと…

Ingress Mission 野毛のペンギンさんにみんなで会いに行こう

テレビの紹介で横浜の野毛の飲屋街に興味があったのですが、木田順一郎の『古本屋探偵の事件簿』にも横浜の桜木町駅から野毛の地帯の古本屋の話が出てきたので、Ingree散歩がてら行ってきました。 横浜の街の作りは知らなかったのですが、磯子線が開通する前…

Ingress Mission 吉原探訪

以前から気になっていた吉原探訪のMissionをクリア。

Eric Clapton, Crossroad 2 Live in the Seventies

Apple Musicにあったのでダウンロード。 このCrossroad 2 : Live in the Seventiesは1996年に発売。その前に発売されたベスト盤のCrossroadの続編と誤解していて、ベスト盤なので購入する気はなかった。 今回、Apple Musicに入っていたので聴いてみると、ク…

ファミリー共有が出来ない時の解決策

妻もApple Musicに入りたいというので、Apple Musicのファミリーメンバーシップに変更したのですが上手くいかず、ネットで解決策を探しましたが見当たらなかったので投稿します。 Apple Musicのファミリーメンバーシップに変更する前に、iCloudでファミリー…

Derek and the Dominos, Live at the Fillmore

『いとしのレイラ』は中学生時代に友人のレコードからダビングしたカセットテープを持っていたのですが、あんまり聴いていなかった作品。 ギターを再開してからKey To The High WayとHave you ever been ever loved a womanを聞くために、TUTAYAで借りてきて…

Delaney & Bonnie

クラプトンが米国のバンドDelaney & Bonnieに参加したライブアルバム(1969年録音、1970年発表)。ブラインド・フェイスが米国ツァーをした時の前座のバンドがDelaney & Bonnieで、この時に意気投合してクラプトンはDelaney & Bonnieに参加。 Delany & Bonni…

Blind Faith

Freddie Kingがガンガンにブルースを演奏していた時期(1970年台前半)の、クリーム解散後のクラプトンを聴いてみようと思い、AppluMusicでBlind Faithを探して聞いていました(1969年に発表)。このアルバムも名前とジャケットは知っていたものの、アルバム…

Leon Russel

Freddie Kingが70年代に作品を残したShelter Recordsの創始者のLeon RusselをApple Musicで聞いてみた。 Leon Russelの初期の2枚のジャケット写真は、僕が中学生時代に音楽雑誌の広告とかレコード評で見ていて、ラジオで聴いた記憶もあるのだけど、反抗期の…

Freddy King, Going Down at Onkel Po's

これもApple Musicで見つけたFreddie Kingのライブ。 このCDはしばらく前に、Tower RecordのBlueの新譜コーナーで見つけたCD。

Freddie King, The Blues Live!

Apple Musicで見つけたFreddie Kingのライブ盤。 一曲目のHave you ever loved a womanが最高に良い。 Googleで、このライブ盤を検索してみたが、1972年、73年のライブか、74年、75年のライブらしい。 クラプトンのレイラに収録されているHave you ever love…

Freddie King, Live at the Filmore, 1970

Apple MusicにはFreddie KingのRSO時代の作品は入っていなかったので、Apple Musicで聴けるLive盤を探してみました。このライブ盤が一番初期の録音の様です。 このアルバムをGoggleで検索しても情報は無し。iTuneのみでなく、Amazon Musicでも聴ける事が分か…

Freddie King, Getting Ready

Freddie Kingのシェルター時期はベスト盤のThe Best Of Freddie Kingを持っていたのですが、Apple Musicに入っているのでオリジナルの3作をダウンロード。 聴き直してみると、完全にロックの音で、それもブルース・ロックの音では無く、アメリカのスワンプ…

Freddie King Is A Blues Master

1969年のアトランティック傘下のコティリオンから発売されたアルバム。 プロデューサーはキング・カーティス。 ゴージャスなブルースに仕上がっている。 以前、コティリオン時代の作品は良くないとの記事を読んで聞かず終いだったが、Apple Musicで聴いてみ…

Cream

iTunesでブルース・ロックを聞き直して、結局、Creamまでの戻ってしまった。 昔、聴いていなかった訳ではなかったのだけど、サイケデリック・サウンドのイメージが強くて、のめり込めなかった。 今回、一枚めのFresh Creamを聴いて、『ブルースの解釈が良い…

Hard Again, Muddy Waters

Apple Musicには、Muddy Watersの後期のBlue Sky Labelのアルバムは入っていないのかなと思っていたら、ありました。 Apple Misicの『アーチストの他の作品の紹介』、『検索』しても紹介されないアルバムもあるのですが、時々、別のアーチストから参照されて…

Best of Splinter Group

Peter GreenのSupernaturalで気に入ったSplinter GroupのThe Bestと、The Very Bestの2枚をApple Musicでダウンロード。

Best of Peter Green 

Apple Musicからダウンロードできた、Peter Greenのベスト盤。 Man of the World Man of the Worldは、Freetwood Mac時代のシングルのB面。 1枚目が1970年のボストンでのライブ。2枚目がSplinter時代のベスト。アマゾンのカスタマーレビューより。

Mike Bloomfield, From His Head to His Heart to His Hands

Mike Bloomfieldを、最近、Apple Musicで聴きまくっている。 Super Sessionは持っていたのだけど、Apple Musicで過去の作品をずーと聞いていると、つくづくすごい人なのだなと思ってしまう。 僕がロックを聴き始めた1974年頃は、アメリカン・ロックが流行っ…

Fleetwood Mac, Live in Boston

Apple MusicではMusicianの他の作品の紹介があって、Fleetwood Macでも後期の作品も含めて色々出てきた。再生してみるのだけどライナー・ノーツが無いのでアルバムをネットで検索してみる。 このFleetwood Mac Live in Bostonも初期のブルース・ロックの作品…

Peter Green's Fleetwood Mac

Apple MusicのPeter Greenから、このアルバムをダウンロード。 ChessのカタログのSunny Boy WilliamsonのDown And Out Bluesのジャケットを見た時に、このジャケット写真を思い出したのだけど、Down And Out Bluesの発売が1959年なので、Fleetwood Macが意識…

John Mayall & the Bluesbreakers, Crusade

John Mayall & the Bluesbreakersの4枚目のアルバムCrusade。 こうして一気に大人買いでは無いけど、一気にアルバムを聞くことができるのがApple Musicのメリット。 Mick Taylorが参加した4枚目。 僕はMick Taylorが参加していた頃のRolling Stonesが一番…

John Mayall & the Bluesbreakers, A Hard Road

John Mayall & the Bluesbreakersの三枚目のアルバム。Eric Claptonが抜けてPeter Greenが参加したアルバムなのだけど、僕はPeter Greenの方が音色とフレーズが繊細な感じで好きです。 この後、Peter GreenもBluesbreakersを脱退して、Fleetwood Macを結成。…

John Mayall & the Bluesbreakers、Beano

Apple Musicで今まで気になっていたが体系的に聞いていなかったバンド。 クリーム以前のエリック・クラプトンはヤードバーズ、このブルースブレイカーズと断片的に聴いたことはあるが、緩慢な感じがして、まとめて聞いたことが無かった。Apple Musicで、この…

Ingress Mission 神田明神

神田明神の48 Missionを二日がかりでクリアしてきました。 途中でUPV 10,000達成