折原一 螺旋館の奇想

この本は前に読んだかなと思ってしまったけど、前には読んでいなかった。折原一の小説では同じような書き出しとかテーマの小説があるので混乱してしまう。
折原一推理小説らしい、二転三転する小説で、僕はこういった小説は好きです。