桐野夏生 ダーク

桐野夏生のダークを読み終える。暗いなあ。昔の小説は暗い部分を隠したミロが魅力的だったのだけど、この本ではその暗い部分のみが描かれていて、途中で読むのを止めようと思った。