読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国でiPhoneを利用してみました


中国でiPhoneを利用してみました。

海外でiPhoneを利用したのは、今回の中国で5ヶ国目になります。 イギリス、ドイツ、ベトナム、米国でローミングをオフにしてWiFi環境下で快適に利用していました。 後、飛行機の乗り換えで利用したフィンランドもあるか。

今回の中国でもホテルのロビーでは無料のWiFiがあったので、Twitterで「上海なう」とつぶやきたかったのですがTwitterに接続出来ず、ホテルの人に聞いてみると、「DNSを設定して下さい」との紙が。。。 結局、中国からはTwitterには接続出来ないと後で分ったのですが。

ソフトバンクの海外パケほは高い

Softbankより「海外パケットし放題の対象です」のメールが入ってきたので、ホテルの無料のWiFiが利用出来ないのであれば仕方ないかなと思って、説明を読んだのですが、一日2,980円なので止めました。 海外でのパケ死対策としては一日2,980円であれば、後で気が付いて素直に払える金額ですが、最初から一日2,980円と分かって使用する気にはならない金額。

結局、中国移動電話のサービスに申し込むのがお得

国電信、中国聯通WiFiサービスを行っている様で、iPhoneからその申込み画面へ行き、無償のお試しもある様ですが、説明が全て中国語で利用出来ませんでした。上海在住の日本人に聞いてみると、彼らはこのサービスに登録して利用していました。 簡単に登録して、一か月3-4,000円位と言っていましたが。

帰国後、iPhoneで撮影した写真を整理していて気が付いたのですが、exifに記録された撮影場所が実際の撮影場所と少しずれていますね。 海外でiPhoneで撮影した写真も、他の国でも正確な場所を示していましたので、中国では意図的にずらしているのではないかと思ってしまいます。