読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOS6.0.1

iOS6iOS6.0.1へアップデートされたニュースを読んで、iPhoneのソフトウェアのバージョンを確認しました。

確認する方法は、iPhoneの「設定」から「一般」のタブを選択し、表示される画面の上から二つ目の「ソフトウェアアップデート」を選択すれば、「最新のバージョンがインストールされているか」か、「新しいバージョンがあるか」分ります。

iPhone 5 アップデータ

だけど、今回は同じ様に「ソフトウェアアップデート」を選択した画面が、「iPhone 5 アップデータ」と言うアプリのインストールを選択する画面になり、このアプリをインストールする様に促されるので、このアプリをインストールしました。

インストール後、画面に「iPhone 5 アップデータ」のアイコンが表示されましたので、このアイコンをタップしてインストールしました。

今回のアップデートについて、ネットで調べてみると、

OTAの機能

iOS4まではアップデートはPC上のiTunesiOSの最新版を入手してから、iPhoneiTunes(つまりPC)に接続してアップデートしていましたが、iOS5からはiTunesを使用しなくても、Wifi経由でiPhone単独でアップデート出来るOTAの機能が追加されていましたが、iOS6にはこの機能にバグがあってWifi経由でiPhone単独ではアップデート出来ないそうです。

アップデートが出来ないと言う事は永遠にアップデート出来ない?

その為、この「iPhone 5 アップデータ」(英語表記ではupdater?)と言うアプリをダウンロードして、そのアプリを利用してiOS6.0.1へアップデートする方法が必要だそうです。

iTunesからのアップデート

iOS4までと同様に、PC上のiTunesiOSの最新版を入手してから、iTunes(PC)に接続してのアップデートは、今まで通り出来るそうです。以前はこの方法でiPhoneのアップデートしていた事を思い出しました。

アップデート後

iPhone 5 アップデータ」アプリのアイコンはアップデート終了後、画面から消えていました。