読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple Music

Apple MusicはWalkmanが音楽の聴き方を変えた様にリスナーの行動を変えると思う。

高校生のこずかいでは月に一枚のLPを買うのがやっとで、レコード屋で試聴させてもらったり、店員に勧められたLPを聴いたりして購入した頃から、 大学生になって、アルバイトで金銭的に余裕が出来て、アルバイト代が入った時にまとめ買いが出来る様になった時期。

アパートの部屋で聞くスタイルから、Walkmanで街の中を歩きながら、電車の中で聴くスタイル。

音楽の好みが自分自身の表現、音楽が好きな事が友人との共通項であったり、人より新しい音楽を知っている事が自慢だったりした時期。

僕の場合、高校生時代は一昔前の60年代末のロック音楽のLPを買い集めていて、 友人たちと購入したLPを貸し借りして聴いていた。

貸しレコード屋も80年代の始りにはあったのだけど、ミュジック・マガジンとかで紹介されているレコードは普通の貸しレコード屋には無かった。

まあ、こういったマニアックなレコードを聴く事が一般的かと言うと、一般的な 音楽のリスナーとは違うのだろうけど、 今でも、CDを買うときは新宿のタワー・ レコードか、代官山のTSUTAYAまで行っているし。

知識先行型で音楽を聴いてきた人にとって、Apple Musicは神様。

昔の専門的な音楽雑誌を取り出してきて、Apple Musicで検索して聴いている。

image