読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PS4

PS4の発表記事を読んで

PS3の発表から7年経っているのですね。 

7年前のPCのスペックと言うと、Core 2 Duoが最新、最速のCPUだった頃? PS3Power PC系のCPUで東芝IBMの協同で開発したCPU? MacはまだPower PCを利用していた頃で、なんとなくグラフィック系はPower PCの方が早いのかなと思っていました。

一般紙でもPS4が発表されていましたが、一般紙の発表記事ではソーシャルとかクラウドとか相変わらずの抽象的な表現が飛び変わっていて、株屋さんとか、投資家の人は新製品の発表会でこういう言葉が入っていると納得出来る様で、メーカーの広報もこういった言葉を多用していますが、僕はこういう記事を読むたびに、メーカーの視線が投資家に向いていて、ユーザーを向いていないと思い残念になるのですが。ユーザーであれば具体的に何が出来るかに興味が行き、抽象的な謳い文句に興味は湧かないでしょう。

その中でも、このマイナビの記事は分り易かったです。やっとDIABLO 3が日本でも発売される様です? 最近のPCゲームはネットワークに接続されていないと遊べないゲームが多いし、それで海賊版をプロテクトしている様なので、PS4のソーシャル対応と言うのは実はソフトウェア会社からの海賊版対策の為に必要な対応?

発表内容よりPCっぽい仕様でPS4らしさは感じられませんが、ゲームメーカーにとってはハードウェアの仕様がバラバラでサポートの難しいPCのプラットホームより、ハードウェアの仕様が決まっているXBoxとかPS4の方がサポートが楽になるメリットがあると思います。 ゲームの移植も簡単そうだし。

問題点は、XBox、PS4のハードウェアの仕様は、いつも最新のPCのハードウェアより遅れている事でしょう。 

[zenback]