読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Microsoftアカウントとは?

Windows 8.1へのアップデートで、いきなり現れた「Microsoft アカウント」だけど調べてみると、色々な事を発見。 

  1. MicrosoftのWeb Mailのサービスとして、昔はHotmail/MSNがあったのだけど、これがWindows Liveの名前に変更。
  2. Windows Liveでは、@live.com、@live.jpのWeb Mailのアドレス(アカウント)が与えられましたが、 Windows Liveのサービスが、Web Mailのサービスのみで無く、スケジュール、住所録等 のサービスを拡大して、Outlook.comと言うサービスに変わった(らしい)。 
  3. ここでのアカウントをMicrosoftアカウントと言う名称に変わった(らしい)。

ここで(らしい)と表現したのは、Microsoftは直接的にこういう説明をしていなくて、分かりにくいMicrosoftの 説明を読んで、僕が理解した内容。

僕はWindows 8にXPからアップデートした時はWindows Liveを利用しませんでしたが、バイオハザード 5をする為に、 Games for Windows Liveに登録する必要があり、この時に @live.jpのメールアドレスを取ってしまった(個人情報を含め、登録してしまった)。 

Windows 8でのOwnerアカウントは何処へ?

僕はWindows XPの時はシングル・ユーザーで利用していましたが、Windows 8にアップデートした時に、何故かAdministratorと言うアカウントとOwnerと言う二つのアカウントが出来ていました。ここでちょっと知っているLinuxの知識が邪魔をして、通常はユーザー・アカウントであるOwnerのアカウントでWindows 8を利用していました(OwnerのアカウントでiTunesPicasaをダウンロードして、 利用していました)。

Windows 8.1へのアップデートしたら、Windows 8で利用していたOwnerのアカウントが消えてしまっていましたが、新規登録させられたMicrosoftアカウントへ紐ついていて、過去のOwnerアカウントでのデータは残っていました。

Microsoftアカウントに紐つけられたのでログイン時の名前が変わっていただけでした。

Microsoftアカウントの解除方法

Windows 8.1へのアップデート後、PC立上げ時にパスワードの入力が促される事と、Microsoftアカウントに 紐つける意味が無いので、紐つけを解除する為に、設定からユーザー登録へ行き、「Microsoftアカウントとの連携の解除」を選択すれば、連携は解除されます。 

これで以前のXPの状態でPC立上げ時に 自動的にOwner(前回終了時のアカウント)でログインされます。 ところがMicrosoftアカウントを解除した状態では、Mail等、Windows 8.1のDefaultで表示される左半分の アプリは利用出来なくなっていました。

Windowsは個人ユーザーを見捨てたのかな?

僕はDOS時代からのMicrosoftのユーザーだったのですが、ここ最近のWindows OSを利用していると、個人での利用を前提とした設計では無く、管理者(Administrator)と利用者(User)を完全に区別した企業向けの利用を前提とした設計に変わっていますね。

最近のMicrosoftのOSより、Mac OSの方が個人で利用していて面白いかな。 Mac OSUnixベースですが、うまくUnixを意識させない設計になっていますね。