Book

トマ・ピケティの新・資本論

最近、ブームになっているトマ・ピケティの本のメモ。 日本ではアベノミクスに対する反論として使われている気がするが、日本のみでなく海外でもベストセラーになっているのは、アベノミクスと同じ政策が海外でも主流なため? トマ・ピケティ 21世紀の資本 …

Endgame Ancient Truth

IT Proに掲載されたGoogle Niantic Labsのジョン・ハンケ副社長のインタビュー記事で、Niantic LabsはIngressのゲームの次に、Ingressのシステムをプラットフォームに使った「ENDGAME ANCIENT TRUTH」を開発中で、これは昨年10月に発売されたサバイバルSF小…

ポール・オースター 鍵のかかった部屋

ポール・オースターの初期の三部作の三作目。 幼少の頃から学生時代までの親友ファンショーが失踪して、その妻より友人が書きためた原稿を見て欲しいと依頼を受け、その原稿を発表して成功をおさめ、その友人の伝記を書くために親友の母親との再会、学生以降…

ポール・オースター シティ・オブ・グラス

ポール・オースターの処女作を再読。 柴田元幸訳の本が出版されているらしいのだけど、僕は1990年に購入した角川書店の山本楡美子・郷原宏訳の本を本棚から探して読んだ。 あれと思って、持っている初期のニューヨーク三部作の後書きを調べてみると、このシ…

ポール・オースター 幻影の書

リヴァイアサンと同じくポール・オースターの世界が見事に描いた小説。彼の最高傑作との評価はその通り。 リヴァイアサンを読みきれなかった事と、トゥルー・ストーリー、ナショナル・ストーリー・プロジェクトの内容に興味を持てず、ポール・オースターから…

ポール・オースター リヴァイアサン

何年か前に購入したが途中から読み進められなかった本。風邪を引いて家に閉じこもっていて、本棚を整理していた時に見つけ、あらすじを読んで面白そうなのでもう一回挑戦。 前回、読み進められなかった理由は、第1章の雰囲気に入り込めなかったからであるこ…

フランス映画旅行 池波正太郎

家の近所に古本屋、古本屋と言うよりカフェで古本も置いています。と言った感じの店が出来て、購入した本。 時代小説家の池波正太郎の名前は知っていたが、僕は時代小説を読まないので、池波正太郎の小説は買った事が無い。 白黒の時代を感じる表紙の写真と…

村上春樹 イエスタデイ

電車の中の中吊り広告で文藝春秋の最新号に村上春樹の短編が掲載されている事を知り、図書館で読みました。 購入しても良かったのですが、文藝春秋の他の記事を見て、購入する気にならず、短編であれば30分くらいで読めるかなと思って。 早稲田大学2年生…

村上春樹ブック

近所のブックオフで見つけた本。 最近の村上春樹本かなと思ったが、文學界の発行だったので発行日を見ていると、1991年の文學界四月号の増刊だったので購入。「ノルウェイの森」の直後であるが、1980年代の初期のカルト的な人気のあった村上春樹の作品が中心…

Round About Midnight

村上春樹の新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の中で、主人公の友人の父親の学生時代のエピソードの中で登場する曲。 セロニアス・ヒムセルフ+1posted with カエレバセロニアス・モンク ユニバーサル ミュージック クラシック 2007-09-19

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

日曜日の午後に新宿の紀伊国屋書店で購入して、帰りの京王線の電車の中で冒頭の一文、「大学二年生の七月から、翌年の一月にかけて。多崎つくるはほとんど死ぬことだけを考えて生きてきた」を読んで意外な気がして本を閉じてしまった。 僕は過去の作品から、…

読書コーナー

東直己 探偵はバーにいる 東直己 探偵はバーにいる - Kaz-Suzukiのブログ 東直己 探偵はバーにいる - Kaz-Suzukiのブログ 米澤穂信 追想五断章 米澤穂信 追想五断章 - Kaz-Suzukiのブログ

平凡パンチの三島由紀夫

荻窪の古本屋「ささま書店」で400円で購入。ひさしぶりに荻窪の街へ行ったが、昔に比べて学生が少なくなって、下町の様に年齢層が高くなった気がする。 著者は1960年年代末の平凡パンチの三島由紀夫の担当者。この本も昔に出版されたのかなと思ったが2007年…

ロング・グッドバイ

今年の夏に東直己の「探偵はバーにいる」を読んでから、一連の「ススキノ探偵シリーズ」を読み終えて、本の末尾の広告から原尞の小説も読み終えて、チャンドラーの「ロング・グットバイ」の村上春樹訳もハヤカワ・ミステリー文庫で出版されている事に気が付…

原尞 そして夜は甦る

今年の夏は東直己氏のススキノ探偵シリーズの「駆けてきた少女」まで一揆に読んでしまいました。 そこでハヤカワ文庫ミステリーの文末の広告にあった原尞氏の「そして夜は甦る」と、「私が殺した少女」を週末に購入しました。 まるでレイモンド・チャンドラ…

村上春樹がヒッピー風だった話

昨日、8月25日の日経新聞夕刊の文学周遊では、村上春樹の初期三部作の最後の「羊をめぐる冒険」の舞台となった北海道士別市と、さらに北の美深町仁字布が紹介されていました。 「羊博士」のモデルとなったのは旧北海道立滝川畜産試験場でめん羊科長を務めて…

アップル時価総額が米史上最高

アップル時価総額が米史上最高に http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M92H5B6K50XU01.html アップル株の終値は前週末比2.6%高の665.15ドル。時価総額は6235億ドル(約49兆5500億円)となった。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスのデータによると、こ…

ティナ・シーリグ 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学 集中講座

ティナ・シーリグ 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学 集中講座 最近、書店の棚で新刊の「未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II」を立ち読みして面白かったので、先にベストセラーになったこの「20歳…

村上春樹のボストン紹介記事

夏休みに入ってマガジンラックの代わりにしている机の片隅で、JALが発行しているAGORAを読まずに溜まっているのを整理しようと思い、整理していたら4月号でボストンの記事があったの。 以前にも、村上春樹がこのAGORAでシアトルの紹介記事を書いていたので、…

映画 ダークナイト ライジング

ダークナイト ライジング 新作映画を封切当日に観に行こうと思ったのは久しぶりでした。 話題作なので週末は激混みと思っていたのですが、当日の土曜日の朝にインターネットで映画館のWEBにアクセスして予約した時も殆ど空席でした。 実際に夕方に映画館に行…

東直己 バーにかかってきた電話

第一作目の「探偵はバーにいる」が面白かったので、今週末は第二作目の「バーにかかってきた電話」を読了。 この第二作目を映画化したが、映画の名前は一作目のタイトルの「探偵はバーにいる」にしたそうです。 僕は映画は見ていないのですが、映画にするの…

東直己 探偵はバーにいる

文庫本の平積みコーナーに「バーにかかってきた電話」が映画化されたと言う帯で並んでいて、軽い内容のミステリーと思っていたのですが、よく見てみたらハヤカワ文庫なので手にとってみました。 表紙裏の作者の東直己氏の紹介で「北海道大学文学部哲学科中退…

米澤穂信 儚い羊たちの祝宴

「追想五断章」が面白かったので、この「追想五断章」に似た米澤穂信の作品として紹介されていた「儚い羊たちの祝宴」を読みました。 ミステリーとは少し違いますが「奇妙な味」の短編集で面白く読めました。 奇妙な味 本格的ミステリーのカテゴリーとは全く…

村上春樹全作品1990~2000 第一巻

村上春樹全作品1979~1989、村上春樹全作品1990~2000のタイトルで全集が講談社より発売されていた時期に僕はドイツ、シンガポールに住んでいたので、全集が監修された事は知っていたけど、村上春樹の本は単行本で出版された時に購入していたので、これらの…

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

ライブを録音、その場で販売「お持ち帰りCD」 ファン心理をつき好評、瞬時完売も Yahooニュースのこの記事を読んだら、糸井重里氏が紹介して、ビジネス書としては割と売れたと思う「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」を思い出しました。 この本…

米澤穂信 追想五断章

僕は米澤穂信氏と西澤保彦氏を混同していて、その理由は名前が似ているだけでなく、作品によって僕のミステリーの好みから大きく外れて、途中で本を投げ出した事があるからです。 この時代の推理作家の場合、一時期、若い読者を対象としたヤング・アダルト物…

Chikirinの「世界を歩いて考えよう!」の感想文 その1

僕としては、懐かしい感情を思いおこさせてくれるくれる本でした。 ソビエト連邦 レストランではリプトンのティー・バックでお茶がサービスされる話とか、ショップでは店員が現金を触らしてもらえる事が出来ず、ショーケースでお土産にする商品を選ぶと、店…

Midnight In Paris

ウディ・アレンの新作のMidnight In Parisを観てきました。 今年の2月に代官山のTSUTAYAで見つけたヘミングウェイの「移動祝祭日」を読んだので、この映画の公開は僕にとって良いタイミングだった。 映画の米国での公開に合わせて、代官山のTSUTAYAの平棚に…

孤独のグルメ

最近、友人との会話でこの漫画の話題になって、テレビの深夜枠でドラマ化された言っていた記憶がある。 そのドラマ化の影響か、新宿のブック・ファーストの新書、話題書の棚で週末に見つけたので、今回は、直ぐに購入した。 今回は、と書いたのは、この文庫…

ヘミングウェイ 移動祝祭日

ヘミングウェイの作品は高校生の時の読書感想文の題材として「武器よさらば」を苦労して読んだ事と、夏休みにギリシャへ一人旅した時に「海流のなかの島々」を持っていったのだけど、結局、読まなかったので、どちらかと言うと苦手な作家だった。 昨年の夏休…

佐藤可士和の超整理術

佐藤可士和の超整理術 図書館の図書分類法では、先日のブログに書いた「情報は一冊のノートにまとめなさい」と同じく、この本も図書館の書棚の一番端の「総記」の書棚に置かれてあって、僕は最近になって「総記」のコーナーにライフ・ハック関連の本が有る事…

マイケル・ルイス ブーメラン

グレゴリー・ザッカーマンの「史上最高のボロ儲け」を読んで、サブプライム問題で大儲けした人の人物像が面白かったので、マイケル・ルイスの「世界の空売り」も読もうと思い、先週末に本屋へ足を運んだが、「世界の空売り」の在庫が無く、最新作のこの「ブ…

グレゴリー・ザッカーマン 史上最大のボロ儲け

2004年から2005年頃の話なのだけど、僕も日本でマンションの購入を考えていた頃に、米国に月一回の頻度で出張していて、その時の米国側のメンバーの人が僕より少し年上なのだけど、日本人でグリーン・カードを取得して20年以上住んでいる人で、彼も家の買換…

橘玲 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

橘玲氏の著書を何冊か読んだが同じ様なタイトルと内容の本が多い。 幻冬舎より発売されているこの本が最初にベストセラーで一連の内容の元となっている事を知り、タイトル名をiPhoneのメモに入れていた。新刊では購入する気は無くBOOKOFFに行った時に探そう…

橘玲 大震災の後で人生について語るということ

橘玲氏のこの本を前回の「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」の前に年末に購入した。この本が出版されている事を知っていたが、内容は今までの本の内容と同じだろうと思っていた事と、正直言って大震災については、僕自身が東京で受けた感覚とマス…

橘玲 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

僕も海外で住んでいて非居住者だった時期があるので、非居住者に対する税金の話について書かれた本とか、取引でマネーロンダリングの話を聞いたりしていていたので、これらの問題について書かれていた橘玲の著書を読んでいた。 この本もそういった海外投資…

トマス・ピンチョン ヴァインランド

自宅近くの私鉄ターミナル駅にも大規模な本屋が出来たので、休日に都心まで行かなくても、本屋で本を眺めながら時間を過ごす事が出来る様になった。海外文学だけでも30メートルぐらいの棚一列分を占めており、米国文学もその3分の1くらいをしめていて、知…

小林紀晴 父の感触

先週末、下北沢の古書ビビビで100円で購入した本。 小林紀晴氏の本は、シンガポールに住んでいた時に東南アジアについて書かれた本を探していて、オーチャード・ロードの紀伊国屋で『ASIAN JAPANESE』を見つけて読んだのが最初。 若者らしいセンチメンタ…

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション

夏休みに読んだビジネス本。 僕は学生時代に音楽とか美術に興味があり、デザイン事務所でバイトしたり、友人とバンドをしていたけど、結局、就職が決まったので髪を短くした最後の時代なのかな。 会社へ入った時は色々なアイデアとか出ていたのだけど、当時…

堀江貴文 君がオヤジになる前に

堀江貴文に興味があった訳では無いのだけど、堀江貴文が収監される発表があった後、収監される時のつぶやきをライブで見たくて、堀江貴文のTwitterをFollowした。Twitterでのつぶやきを読んでいてので、本屋でこの本を見た時に立ち読みしたのだけど、結局、…

藤原新也 沈思彷徨

先週末に下北沢の古本屋ビビビで購入。こういう本との出会いがあるから、古本屋廻りは愉しい。 80年代初期に、当時の時代を解説してくれた東京漂流を読んで感銘を受けて、過去の著作を読んで、僕もインドへ行ったりしたけど、20何年ぶりに学生時代の先輩…

角田光代 ロック母

1992年から2006年までに発表された短編集。 地方の高校生の屈折した生活と東京への生活の憧れを描いた「ゆうべの神様」が、高校生時代の感情を思い起こさせてくれた。 最近は、こういった高校生の感情を描いた作品とか無いのかな? 地方で親と近所と学校にう…

金持ち父さん貧乏父さん

ベストセラーとして有名な本ですが、同じ様なタイトルとデザインで続巻が次々と出版されているので、読む気にならなず、読んでいなかった人は僕だけでは無いだろう。 この本を読んだのは、たまたま図書館で「金持ち父さんの投資ガイド」を斜め読みをして面白…

WIRED

西新宿のブック ファーストの棚に雑誌「WIRED」の日本語版が並んでいるのを見つけたが、時間が無いのでそのまま電車に乗っていたら、電車の中でその「WIRED」の日本語版を読んでいる人を見た。 「WIRED」の日本語版は一度廃刊になったと記憶しているし、「WI…

ピーター・リンチ 株で勝つ

GWに読んだ「ウォール街のランダムウォーカー」に続き、これも古典のピーター・リンチの「株で勝つ」を週末に読破。 プロの投資家(ファンド・マネージャー)に比べて不利なアマチュアの投資家が勝つ事の出来る理由として、一般消費者としての生活、働いてい…

川本三郎 マイ・バック・ページ

家の近所のTSUTAYAでもこの本が平積みになっていた。 5月末に妻夫木聡×松山ケンイチの主演で公開されるとのポップと一緒に。 以前にこの本が本屋の映画化コーナーに置いてあって、今になって映画化される事を知って驚いた事をブログに書いた事を思い出して…

ウォール街のランダム・ウォーカー

インデックス投資派のバイブルと言われている本で、今年のGW中に必ず読もうと思っていた本。 この本を読むと個別株を株式投資をしようとは思わなくなるので、頭を冷やすのには調度良い。 だけどなんとなく引っかかる事があって、会社の中で新規事業に投資…

村上春樹 1Q84 Book3

本屋に予約していたので、僕は会社帰りの金曜日の夜に書店へ取りに行って、結局、週末に読んでしまった。 読後感は、何でBook 3まで書いたのかな? と言う印象がまず残った。 ネタバレのになってしまうのだけど、天吾と青豆のすれ違いのラブ・ストーリーが物…

西村賢太 苦役列車

今年第144回の芥川賞のTVニュースを見た時に、生い立ち外見も対照的な西村賢太氏と『きことわ』の朝吹真理子女史が受賞していて、これは本当の芥川賞の受賞のニュースでは無く、TV番組か新作の映画のニュースの様に感じた。あまりにも対照的な男女二人の…

村上春樹 雑文集 続き

村上春樹 雑文集の続き。 「『アンダーグラウンド』をめぐって」の章の最初のエッセイの、「東京の地下のブラック・マジック」。 スコット・フィッツジェラルドが1929年の株価大暴落を北アメリカで聞いた様に、村上春樹も1995年の神戸大震災、オウム事件をア…